「骨太の方針」に歯科の重要性について明記|熊本市南区の歯医者

熊本市南区の城南歯科医院

HOME

受付時間

休診日

096-351-4986

お問合せ

お知らせ

「骨太の方針」に歯科の重要性について明記

2020年08月09日

政府は経済財政運営の基本指針である、いわゆる「骨太の方針」を7月17日に閣議決定した。

本年も昨年に続き、歯科に係わる内容が記載された。

2017年に初めて歯科に関する内容が明記され、年々その内容は充実してきた。

歯科に係わるところをピックアップすると

・病院と診療所の機能分化・連携等を推進しつつ、かかりつけ機能の在り方を踏まえながら

  かかりつけ医・かかりつけ歯科医・かかりつけ薬剤師の普及を進める。

 

・細菌性やウィルス性の疾患の予防という観点も含め、口腔の健康と全身の健康の関連性をさらに検証し

  エビデンスの国民への適切な情報提供、生涯を通じた歯科健診、フレイル対策・重症化予防にもつながる

  歯科医師、歯科衛生士による歯科口腔保険の充実、歯科医療専門職間、医科歯科、介護、障害福祉関係との

  連携を推進し、歯科保健医療提供体制の構築と強化に取り組む。

 

口腔内が全身の健康につながっていることが、かなり浸透してきました。ただ、欧米の歯科先進国に比べると

定期的な口腔内のメンテナンスに訪れる人の割合は、まだまだ低くなっています。

老化は口腔からとも言われています。後期高齢者歯科健診もありますので、それらも含めまして、定期的な

歯科受診をお勧めいたします。

健康を維持、回復する一番の近道です。

 

<< 内閣府HP『経済財政運営と改革の基本方針2020』はコチラ >>

ページトップへ